個別テスト 
【指示行動】
  • 離れた机の上に色々な物を置いておき、質問を行なう (以下、一例)
      『カバンに鉛筆とノートを入れ、カバン掛けにかけて下さい』
      『りんごとバナナを持ってきて下さい』
      『大きな箱の中にボールを3個、小さな箱の中に積み木を2個入れて下さい』
  • 先生のまねをしましょう (先生の動作を真似する)
  • 壁のところまで、ケンケンして下さい。疲れたら、スキップして下さい


【記憶・話の理解】
  • 絵本朗読、紙芝居後に『どんな動物が出てきましたか』『ウサギは最後にどうなりましたか』など内容について質問を行なう
  • 絵を見せた後『何が書かれてましたか』『木は何本ありましたか』など質問を行なう
  • 中身を入れた箱の中を見せた後『中にボールは何個ありましたか』『何が入ってましたか』など中身について質問を行なう
  • 動物や果物カードを数枚見せた後、うち1枚抜いて『どのカードがなくなってますか』など質問を行なう
  • 先生の発言を復唱させる


【色、形の区別】
  • 色のカードを見せ『これは何色ですか』と質問を行なう
  • 積み木を色々並べ『丸い積み木はどれでしょう』など質問を行なう
  • 色々な形の折り紙を並べ、様々な条件を質問する
  • 先生が持っている積み木と同じ物を取ってきて下さい


【構成・言語・数量】
  • 4ピース程度のパズルを組み立てさせる
  • 積み木を手本と同じように積み上げさせる(形、個数もチェック)
  • しりとり遊びをする
  • カードを数枚見せ『”あ”がつくものはどれですか』など質問を行なう
  • 絵を見せた後『××は何個ありましたか』など質問を行なう
  • 左右に異なる個数で同じ物を置き『どちらが多いですか』など質問を行なう
  • 異なる大きさの風船などを見せ『どちらが大きいですか』など質問を行なう
  • 異なる長さの鉛筆などを見せ『どれが一番長いですか、短いですか』など質問を行なう


【観察力・推理力】
  • 不足がある絵を見せた後『この絵に足りない物を書き足してください』など指示を行なう(尻尾がない犬や足が1本ない鳥など)
  • 1箇所だけ異なる2枚の絵を見せた後『絵の違いはどこですか』など質問を行なう
  • 1つだけ異なる形のものを置き『仲間はずれはどれですか』など質問を行なう
  • 色々な絵の半分だけを見せ『これは何の絵ですか』など質問を行なう
  • 迷路遊びをする
  • 規則性を推理させる『次は何の形がきますか』など


【手先の器用さ】
  • りんごやバナナの絵をクレヨンでぬった後、はさみで切り抜く
  • 折り紙でコップなどを折る
  • 小さなリングに紐を通す
  • 丸、三角、四角、六角形など手本を見せて描かせる


【生活習慣】
  • おもちゃを片付けさせる
  • 靴下を履く
  • スモックを脱ぎ着させる
  • 洋服をたたむ
  • うがいをする
  • 手を洗い、ハンカチで拭き、指示された数のチョコレートを取ってきて食べる


【常識】
  • 体の部位の名前を質問する
  • カードを見せ、名前を質問する
  • スプーン、箸、コップ、歯ブラシなどを見せ、使用目的・使用方法を質問する
  • 生活の1場面の絵を見せ、何をしているところか質問する
  • おもちゃを散らかしっぱなしにしている子供の絵を見せ、気持ちや対処を聞く


【音楽・リズム運動】
  • ピアノに合わせて、歌う
  • 手遊びつきの歌を歌いながら、手遊びする
  • 先生の手本通りに手やタンバリンをたたく
  • 音楽に合わせて、走ったり、歩いたり、止まったりする


【表現力】
  • 動物のお面を置き、『好きなお面をかぶって真似をして下さい』と指示する
  • 粘土で好きな物を作る
  • 自由画を描く


【日常やっておくといい事】
  • 積み木
  • ジグゾーパズル
  • 折り紙
  • お絵かき
  • 絵本を読む



お受験indexへ