幼児に対して 
  • 自分の名前、年齢、誕生日
  • 両親、兄弟姉妹の名前
  • 父親と何をして遊ぶか
  • 通園方法 『今日はどうやってきたの?』『誰ときたの?』など
  • 友達の名前
  • 友達との遊び方
  • 好きな遊び、食べ物
  • テレビが好きか、好きな番組は?
  • 好きな本は?
  • 今一番欲しい物は何か
  • 母親から何と呼ばれてるか
  • 親は仲がいいか
  • 誰が一番優しいか
  • 父母どちらに怒られるか、どのように怒られるか
  • お風呂は誰と入るか
  • 朝起きた時、夜寝る時、何と言うか
  • ご飯を食べる時、食べ終わった時、何と言うか
  • 他人の物を壊したらどうするか、何と言うか
  • 昔話で知ってる物を話してください
  • もし迷子になったらどうするか
  • 今朝の食事の内容
など、まだまだ他にもたくさん例があるそうです。
子供の面接は、挨拶や応対が出来るかどうかも大きなポイントのようです。
雰囲気にのまれた時は、親の子供に対する対応をチェックされるそうです。返答を無理強いする必要もなく、年齢からすれば当たり前の事なのでリラックスさせてあげましょう・・・と書いてありますが、その場にいたらどうなんでしょうね。
親も子も大変です、想像以上に・・・


お受験indexへ