++ 幼稚園と保育園 ++

幼稚園 保育園(保育所)
管轄 文部科学省 厚生労働省
法令と
位置付け
学校教育法に基づく『学校』 児童福祉法に基づく『児童福祉施設』
保育指針
と基準
幼稚園教育要領
幼稚園設置基準(学教法第3条)
保育所保育指針
児童福祉施設最低基準(児福法第45条)
主な目的 学教法第77条より
  • 幼児を保育し、適当な環境を与えてその心身の発達を助長すること
児福法第39条より
  • 日々保護者の委託を受けて、保育に欠けるその乳児又は幼児を保育すること
対象 学教法第80条より
  • 満3歳から小学校就学の始期に達するまでの幼児
児福法第4条、第39条、第24条より
  • 保育に欠ける、乳児(1歳未満)幼児(1歳から小学校就学の始期まで)少年(小学校就学の始期から18歳未満)
  • 市町村は保育に欠ける乳児又は幼児等を保護者から申し込みがあったときは保育所において保育しなければならない
設置者 学教法第2条、第102条より
  • 国、地方公共団体、学校法人等
学教法第4条、第106条より
  • 設置に当たっては、市町村立幼稚園の場合は都道府県教育委員会、私立幼稚園の場合は知事の許可が各々必要である
児福法第35条より
  • 地方公共団体、社会福祉法人等
  • 設置に当たっては知事の許可が必要である(認可保育所)
1日の
保育時間
4時間(標準)
  • 夏休み・冬休み等の長期休暇があり、土曜日も休み。但し、園によっては休暇中も預かり保育が行われている
8時間(原則)
  • 延長保育を実施する園も多い。休みは土、日とお正月のみだが、土曜日や年末の保育をしてくれる保育所もある
延長保育 保育後〜午後4時もしくは5時まで程度が多い。最近は、早朝保育(午前8時位〜保育開始まで)や午後6〜7時まで実施される園もある 保育後〜午後6、7時までが多い。私立では、午後8〜9時まで対応してる園もある
年間保育日数 39週以上 規定なし
保育単位 1学級当たり幼児数/設置基準35人以下(原則) 1学級当たり乳幼児数/学級編制基準なし
1保母当たり乳幼児数/児童福祉施設最低基準
乳児 3人
1歳〜3歳未満児 6人
3歳〜4歳未満児 20人
4歳以上児 30人
保育料等 園長が決定し、保育料は幼稚園に納付
  • 入園料(地区・園によって異なる)
  •   公立 1,000〜8,000円前後
  •   私立 50,000〜100,000円前後
  • 保育料(地区・園によって異なる)
  •   公立 6,000〜8,000円前後
  •   私立 15,000〜30,000円前後
保護者の課税状況に応じて市町村長が決定し、保育料は市町村に納付
(無認可保育園などは、これに含まれません)
入園方法 公立・私立で申込方法が異なる場合もある。自分が選択した園へ直接申込み、または役所等へ申込み。
希望者が定員を上回った場合の対応は、園によって異なる(抽選、先着順、試験など)。
基本的に、所在地の自治体に申込み。
基準には地方格差があり、希望園への入園どころか入園自体難しい地域もある。
教員等の
資格
幼稚園教諭普通免許状(幼稚園教諭免許)
  • 教員免許の一種で、『教科に関する目(音楽、図画工作、体育等)』及び『教職に関する科目(教職の意義に関する科目等)』の単位を学校で所定数修得する
保母資格証明書(保母免許)
  • 厚生労働大臣の指定する学校などを卒業もしくは保育士試験(国家試験)合格者。保育士と称して保育の業務を行うためには、試験に合格し、都道府県に保育士登録を行うことが必要。社会福祉・児童福祉・児童心理学及び精神保健・保健衛生学及び生理学・看護学及び実習・栄養学及び実習・保育原理及び教育原理・保育実習を学ぶ
先生の
勤務体系
基本的に、固定勤務
延長保育(預かり保育)対応により、固定外勤務やシフト制の場合もある
早番・通常勤務・遅番などのシフトを組み、休みも土曜出勤の調整などで交代で休む場合もある
食事 給食・お弁当・混合・選択制など、園によって異なる 全給食(おやつや夕方の補食がある)
保育内容 園によって、大きく異なる。
子供の自主性を尊重する自由保育主体の園や早期教育・小学校受験を目標に据える園もある。自由遊びと一斉保育を組み合わせる園も多い
比較的、自由遊び主体の園が多い。最近は、3歳児以上を対象にカリキュラムを組み、一斉保育の時間を設けている園もある。低年齢児も受け入れる環境のため、トイレトレーニングや歯磨きなどの生活習慣なども保育中に指導する
1日の流れ
(一例)
登園(8:30〜9:30・園によって多少異なる)
↓登園後、保育開始まで自由遊び
朝礼・体操・出欠確認など(9:00〜10:00)

自由保育または一斉保育(10:00〜12:00)

昼食(11:30〜13:00・1時間程度)

自由保育または一斉保育(12:30〜13:50)

お帰りの準備など

降園(14:00・園によって多少異なる)

延長保育
乳児(0〜2歳児)
登園

遊び・出欠確認など

おやつ(10:00)

お散歩または遊び

給食(または離乳食)

お昼寝

おやつ(15:00)

遊び(15:30〜17:00)

お迎え(17:00〜18:00)

延長保育
幼児(3〜5歳児)
登園

自由保育・出欠確認など

給食(1時間程度)

お昼寝

自由保育または一斉保育

おやつ(15:00)

自由保育または一斉保育(15:30〜17:00)

お迎え(17:00〜18:00)

延長保育
  • 基本的に、幼稚園は教育を行なう場、保育園は親の代わりに保育する場である。
  • 幼保一元(幼稚園と保育園を同じ施設や敷地内で運営する)化も進んできた。そして、幼稚園の内容に近い保育園、保育園のように長時間保育してくれる幼稚園も増えてきて、それぞれのメリットを取り入れていこうとする傾向も顕著になってきた。
  • 保育園には入園料がなく、全給食制と保護者負担も幼稚園より少ない部分もある。
  • 幼稚園でも、子育て支援としてWM期待の預かり保育を実施する園が増えてきた→文部科学省『預かり保育の参考資料』
  • 幼稚園や保育園は、今後も少しずつ変わっていくだろう→文部科学省『幼児教育の振興について 』
  • 板橋区における幼児教育振興のあり方について(平成15年2月)は、こちら(板橋区幼児教育振興検討会)に公開してあります。


幼稚園メニューへ